お墓の情報が満載!

墓地を継ぐ人がいなくなったら

墓地を継ぐ人がいなくなったら 「墓じまい」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。近年の少子化・核家族化によって先祖代々のお墓や墓地を、管理しきれなくなるという問題が増えています。そこで行われるのが「墓じまい」です。墓地から現在あるお墓を撤去し、遺骨は他の永代供養墓などに埋葬します。遺骨は遺体の一部とみなされますから、勝手に移動したり処分する事は法律上出来ません。きちんとした手続きを行う事が必要です。
手順としてはまずお墓の土地の管理者に連絡をします。寺院の場合はお寺、霊園の場合は管理事務所などになるケースがほとんどです。その後遺骨を移す先を確保し、受け入れ先が決定した場合は「受入証明」の手続きを行います。最後にしまうお墓の閉眼供養・離檀・撤去などを行います。加えて行政への申し出や手続きなども必要となりますので、現在ではまだ少々手間がかかる行為となっているのが現実です。ですが希望者は増加傾向にあり、これからの墓地の在り方に一石を投じるでしょう。

墓地の改葬を行うことになるいろいろなケース

墓地の改葬を行うことになるいろいろなケース お墓を移してしまうことを改葬と言います。改葬が必要になるケースには、実家を離れ別の土地に定住しているためなかなかお墓詣りに行けないケースや改宗などのために檀家をやめるケースまた使用規則に従えない事情が出てきたために、墓地を変えるケースや承継者がいないなどの理由で永代供養墓や承継者がいる墓地に移す場合や、すでに別の墓地に埋葬している特定の人の遺骨を移す場合などがあげられます。特に多くなっているのは、地方から都会に出てきて家族を持った人たちが年老いた親を呼び寄せたり、自分自身も高齢化したためにお墓詣りがままならず郷里のお墓を家の近くに移したいというものです。
承継者がいない場合では、一人っ子同士の結婚で両家墓を建てることになったため移転が必要になる場合などで、これも増えています。そのほか遺骨を納骨堂に一時的に預けておいて、お墓が建ったらそちらに移すという場合もありますがその場合でも手続きが必要となることがあるので注意しましょう。