お墓の情報が満載!

墓地の手入れは誰がする?

墓地の手入れは誰がする? 先祖代々にわたる墓地を持っている場合には、その手入れは誰かがしなければならないのは当然のことといえます。
具体的には夏場に除草作業をしたり、墓石についた苔や汚れなどを洗い落としたり、お供え物や花が散乱しないように持ち帰ったりといったことが挙げられます。
これらはその家系の祭祀継承者とされている人、一般的には長男を中心にして、家族や親戚などがお墓参りとあわせて行います。
もっとも仕事の関係で遠方に住んでいて墓地の管理ができない場合もありますので、近くの親戚などが中心となることもあります。
最近では少子高齢化の影響によって、このように墓地の手入れをこまめにすることが難しくなっているケースもみられます。
そこで墓じまいをして永代供養墓に遺骨を移すことも選択肢のひとつです。
永代供養墓の場合には一般的な墓地とは異なり、寺院が管理や供養を代々にわたって執り行ってくれますので、個別に管理をする手間がなくなります。
もとろん寺院によっては取り扱っていないこともありますので、まずは菩提寺に相談をして、取り扱いの有無を確認しておくことが必要です。
その上で家族や親族の意見をきいて対応を決めるのが望ましいあり方といえます。

墓地を親戚に管理してもらうことはできます

墓地を親戚に管理してもらうことはできます 子どもの居ない夫婦の場合や娘だけで全て嫁いでしまった場合などだと、自分たちのお墓を管理することができなくなってしまいます。
墓地を親戚に管理してもらうことは、できなくはありません。
自分達の親戚のお墓に遺骨を入ることも、相談次第では可能です。
しかし、全て関わる人から同意を得られるとは限りません。
そのためには、あらかじめ子どもの居ない夫婦などの場合、お墓を建立しておくことで遺骨を入れることはできるようになります。
墓地の管理もできるだけ少なくて済むような霊園を選ぶと言うのも一つの方法として役立ちます。
ただ、時代が変わると霊園の管理体制も変わって来ることも考えられるので、そのような状況であっても確実に墓地を守ってくれる信頼のある身内に相談しておく必要があります。
後々のためにも、はっきりとした形で夫婦の希望として残すことを明確にしておくようにしておくのが賢明です。
子どもがいない場合でも、身内が管理しているケースは今までも行なわれていることだからです。
これから先は、さらに少子化や晩婚の影響もあり、そういった問題に直面している方々もさらに増えるでしょう。