お墓の情報が満載!

墓地で起きた問題の責任

墓地で起きた問題の責任 墓地で起きた問題の責任というのは、親族ではなくその墓地を管理しているお寺などに責任があるでしょう。親族が責任を取るようなことは無いことがほとんどですが、それでもあまりにもお墓を放置していたり、お墓のお参りの後の後始末がきちんとされていないことで発生したような問題であれば、そのお墓の持ち主に問題があるとも言えます。

ですから、問題が良く起きてどこの責任なのかトラブルになるようなことが多いのであれば、防犯カメラなどを墓地に設置して、監視していることが分かるような形にしてトラブルがもう起こらないようにもしていきましょう。防犯カメラも何もないような状態であれば管理していないと思われてしまいますが、とりあえず防犯カメラが付いている状態であれば、何かしらの対処は取っているということでトラブルも後をひかないことがあるでしょう。問題の責任はどういったことが原因かにもよりますが、普段管理をお願いしているところにあるといっても良いです。

墓地について誰が責任を取るのか確認しよう

墓地について誰が責任を取るのか確認しよう 年末年始のおなじみの風景として、実家の墓地にお墓参りという経験は誰しもが一度は経験があるのではないでしょうか。子供の頃は手を引かれて連れて行ってもらうだけでしたが、成長して大人になると交通費なども使って行き来するのも一苦労というイメージに変わってきています。高齢化社会というのも相まって、管理の大変さにしみじみとさせられる事も増えてくるものですが、そうなると今あるお墓に対して誰が責任を持つべきなのか、これも今一度考えておかなくてはいけません。

誰が自分たちの墓地を管理するべきなのか、これは祭祀承継者を決めてその方が責任をとるようになります。お墓の事を含めた全般の財産について管理する人というわけです。これは通常の財産の相続とはまた違っていて、これは生前に決めておくことも出来るので、早めに相談しておくことに越した事はありません。放棄の手続きが無いため現時点では放棄ができないのですが、義務の負担も無いのできちんと話し合っておきましょう。