お墓の情報が満載!

管理ができない時には

管理ができない時には お墓を適切な方法で片付けてその場所を更地にした状態で、墓地やお寺などの管理者へと使用していた土地を返すのが墓じまいです。本来であれば代々引き継いていくべき墓地ですが、現代の問題として少子高齢化があります。子供が昔よりも少なくなり、これからお墓を守り続ける承継者がいないことが大きな原因です。
若い時期であればお墓の管理をすることができても、高齢になればそれも難しくなります。子供も孫も住んでいる場所が遠ければ、やはり維持を継続させるのは難しいです。現代のライフスタイルの変化から、墓じまいをするケースは増えています。もしも管理者不在でそのまま放置をした場合、管理料金がずっと未払いになり、最終的には無縁墓として強制撤去です。無縁墓となり撤去された際、遺骨は合祀墓に入ることになります。納骨をやり直すことを希望しても、ほかの遺骨と一緒になっているためそれはできません。絶対にやってはいけないのは、お墓を放置してしまうことです。

墓地を建てるためには書類といくつかの手続きが必要

墓地を建てるためには書類といくつかの手続きが必要 お墓を建てるためには、いくつかの正しい手続きを行う必要があります。墓地使用申込書を用意し、お墓を購入する人が提出をして、管理料金と使用料金を支払わなくてはなりません。やがて墓地使用許可証の発行となるので、今度は墓石をどうするのか、墓石のプロである石材やとの相談で決めていきます。
墓石の決定をして注文を行ったら、工事届や墓地使用許可証の提出も必要です。埋葬許可証と墓地使用許可証は、納骨をする時に提出をしますが、それが終われば完了となります。お墓を建てるためにはいくつかの書類も必要となるため、漏れの無いように揃えることです。遺骨の埋葬に関しては、埋葬許可証がなければ行うことができません。火葬場では火葬許可証の提出をしますが、その後に返却をされますので、埋葬許可証として使用をすることが可能です。お墓を使用できる書類は、納骨にも墓石工事をするためにも必要になります。申込みや入金が必要にはなりますが、発行をしてもらえば使用権もそれで獲得です。